読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジメさんのライフ・ラボ

マジメに気楽に考えたことをつらつらと

稀勢の里、新横綱優勝!

 

 

昨日の夕方、たまたまテレビをつけたら大相撲の優勝決定戦の直前。

 

肩を負傷した稀勢の里照ノ富士の一騎打ち。

昨日の朝の「サンデーモーニング」でコメンテーターが「まあ肩も怪我してるし、照ノ富士で決まりでしょうね」と言っていたように、私も稀勢の里は難しいだろうと思ってました。

 

ところが...もう結果はご存知の通り、まさかの2連勝で逆転優勝です。

普段家では静かにテレビを見る方なんですが、さすがに優勝した瞬間は拍手しちゃいましたね。

 

稀勢の里は私とほぼ同年代で、何かしら勝手に親しみを覚えてました。

ただ、これまで勝てない時期が続き、ネットでは稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)の頭文字を取って「KY(空気が読めない)力士」なんてずっと叩かれてました。

(正直、私もその中の1人で、関心はあるものの勝てないことをずっとネタにしていましたね...)

「勝つべきときに絶対に負け、勝たなくても良いところで勝って観客をいつもがっかりさせる」という見えざるルールがあるのかと思うほど、あと一歩のところで勝てない姿ばかりが印象に残っていました。

 

ただ、先場所からの活躍ぶりはすごい。

今場所も、人が変わったのかと思うほどの落ち着きと貫禄がテレビからも伝わってきました。

そして、最後に最高の結果を残しましたね。

 

結果を出した途端、メディアもここぞとばかりに稀勢の里ブームです。

これまでの批判は何だったのかと言いたい所ですが、そこは私も全く一緒なので、つくづくゲンキンなものだなぁと自分でも思ってます笑。

 

サンデースポーツのインタビューも見ましたが、あの不器用というか、武骨で硬派な受け答えがすごく好きですね。

多くを語らず、ただただ謙虚にすべきことに向き合い続けようという姿勢にはとても好感を持ちます。武士みたいですよね。

ああいう、メディアに迎合しない姿勢は本当に好きです。

 

ただ、こうしてメディアに取り上げられて国民のヒーローのようになれたのも、ひとえに結果を出したから。結局はそれにつきますよね。

ここまで結果を出せない時期が続いているにもかかわらず、ひたすらに重心を落として努力し続けて耐え抜いて最後に結果を出した稀勢の里の苦労は、他の力士とも一線を画しているような気さえします。

 

小さい頃から祖母の家で貴乃花若乃花を応援してきた身としては、日本人横綱はただただうれしい限りです。

これからも活躍を続けて欲しいですね!