読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジメさんのライフ・ラボ

マジメに気楽に考えたことをつらつらと

職場で人間関係を持つときに気をつけたい、たった1つのこと

f:id:shimagyu-majimesm:20170326130158j:plain

 

こんにちは、しまうしです。

 

みなさんは、職場での人間関係ってどうやって作っていますか?

友達感覚で付き合う人、仕事仲間だと思って付き合う人、それぞれだと思います。

 

その上で、職場の人間関係を持つ上でたった1つだけ気をつけておいた方が良いことがあります。

 

それは、

 

職場の人は、仕事における付き合い。それ以上でもそれ以下でもない。

 

社会人生活を30代まで過ごしてきて思うのは、これにつきます。

 

会社は成果を上げるために個人が集う組織です。

一緒に集まる人同士で、それなりに成果を上げることができれば会社としては機能していると見なされるわけで、逆に言えばそれ以上の機能は不要です。

よって、そこに集まる人同士も、あくまで成果を上げるために同じスペースにいる者同士であれば機能していることになるんです。

 

もちろん、気の合う人が職場にいれば少し休みの日に一緒に食事をしたり、たまには仕事帰りに一杯飲みにいったりすることもいいと思います。

ただ覚えておいてほしいことは、

 

職場の人間関係に深入りすると本当にロクなことはないです。

 

これだけは本当に気をつけた方がいいです。

 

例えば、仕事以外での人間関係、例えば友人関係を考えてみてください。

お互いに立場の差はあれど、友人同士の上下を明確に定義するようなものは存在しないのではないでしょうか。

あくまで、私は私であなたはあなた、というフラットな立ち位置同士だから楽しく付き合えるものでもあると思います。

お互いにこれといった利害がないから、深く気にしなくても付き合えるということだと思うんです。

 

これが会社だったらどうか。

仲の良し悪しはあれど、基本的には利害関係がベースです。

一見仲良くしているようであっても、あるときにその関係が原因でどちらかに不利益を被ることがあろうものなら、もともとが成果を生み出すために付き合っている者同士なので、関係には見事に亀裂が入ります。

そしてたちが悪いのは、友達同士であれば亀裂が入れば顔を合わせずに済みますが、仕事は関係性がどうであろうと毎日8時間もの間同じ空間にいないといけなくなるのです。

これって、本当に苦痛ですよ。常に針のむしろに座っているような感覚です。

 

もちろん、そんな細かいことははねのけられる人であれば苦労はしません。

でも、どうしても気になってしまう人がいますよね。

私がまさしくそうです。

「気にしない」ことができないんですよね、くそマジメだから。

 

私の体験を話すと、私のいた会社は女性が圧倒的に多く男性が私を含めて2人しかいませんでした。

もう一人の男性とは年も近く、出身も近いということもあり自然と仲良くなりました。

そこまでは良かった。

 

最初は月に1回飲みにいく程度だったのが、週に1回になり、そして一番多い時には週に4-5回、ほぼ毎日2人で飲んでました。

お互いに女性社会に身を置く男性ということで、飲みの場での不満のぶちまけ方はなかなか凄まじかったです。2人だけの場で他の社員や上司の悪口を言いまくり、人格を否定しまくり、そうすることでストレスを解消していましたし、2人の関係性はどんどん緊密になっていきました。

(今では、私はそうして酷い悪口を言いまくったことをとても後悔しています)

 

そうすると、だんだんと 「男2人 vs その他」 みたいな構図を自分たちで作り出していってしまったんですよね。

「どうせあいつらは俺たちのことを分かっていない」みたいなものの見方が当たり前になって、職場での他の社員との接し方も頑なになる一方でした。

 

それでも2人で連帯感を持っているうちはまだ良かった。

そこから、だんだんと2人の中でもすれ違いが起き、次第に私はもう一人の男性から人生観を否定されたり責められることが出てきました。

お互い全くバックグラウンドが違うのですから、考え方や仕事に対する取組み方が違うのは当たり前です。

それなのに、周りを敵にすることによって生まれた連帯感から、なんだかお互いに分かり合ったような錯覚をしてしまっていたのでしょうね。

お互い、週に4-5回も飲んでいれば相手のプライベートの話や過去の話までかなり知っていますから、突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めてしまう。

で、相手の方が性格的に押しが強くて口も達者なので、どんどん私の方が押されてきました。

 

本当ならこうしたいざこざがあれば上司に相談すれば良いところですが、2人だけの結束が強くなりすぎてしまって、そのことを上司に相談することが「裏切り行為」のように思えてしまいました。

誰にも打ち明けられずに抱え込むうちに、夜も寝られなくなり、明らかに心身に不調をきたすようになってきました。

離れようと思っても、職場が一緒で机が隣であれば離れられるわけないですからね。

 

それ以降はぱったりと関わることをやめましたが、それでも相手が近くにいると意識せざるを得ません。

それで終われば良いものの、一度亀裂が入ってしまうと仕事を進めるのにも明らかに支障をきたすようになってきます。

人間は感情の生き物なので、一旦人間関係が悪化し始めると相手への心証はどんどんに悪くなる一方です。

いつもなら普通に頼めていたはずの仕事を頼むのにも気を遣ったり、伝言を頼んでいたことが実は伝わっていなかったりするようになりました。

それを責めようにも、あまりに個人的な関係を職場で出せるわけもなく、半ば泣き寝入りするしかないような状況になりました。

相手はもともと対人スキルに長けてひょうひょうと生きていける人だったので、私との関係が途絶えても手のひらを返したように他の女性社員と仲良くし始めていました。

私はと言えば、そんなに器用に立ち回れるわけもなく、気が付いたらほぼほぼ孤立状態になっていました。

 

こうした失敗があるからこそ、声を大にして言いたいし、自分でも強く持っておきたい教訓なんです。

 

会社はあくまで成果を生み出すための集団であって、プライベートでの関係は必要ありません。

もしそれを承知でプライベートな関係に踏み込むのであれば、相当な覚悟は必要ですよ。

 

ぜひ心に留めておいてもらえたら。