読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジメさんのライフ・ラボ

マジメに気楽に考えたことをつらつらと

自分を逃がす勇気を持とう!

こんにちは。島牛です。

 

仕事に追い詰められている。

 

マジメなサラリーマンであれば、多かれ少なかれ一度は感じることではないでしょうか。

私も、マジメゆえにこれはよく感じることですね。

 

そして、仕事に追い詰められるのと同時に、次第に職場に居場所がなくなっていくような感覚になったことはありませんか?

仕事に対して前向きに取り組めなくなると、自然に仕事のパフォーマンスも落ちてきます。仕事の成果が上がらなくなると、やはり上からの評価、周りからの評価も下がっていくものです。

だいたい職場というのは成果でつながっている組織ですから、成果が上がらなくなった人間に対しての視線は冷ややかになってきます。

あることないこと噂をされるようになったり、またとないチャンスと思って普段からあなたのことをよく思っていない人があなたを貶めようと画策することもあるかもしれません。

 

そうすると、職場に居場所がなくなっていくのは当然のことですよね。

 

でも知っておいてもらいたいのは、それは決してあなたのせいではないということ。

あなたに何か欠陥があるからそうなっているのではないんです。

 

私は、それはむしろチャンスではないかと思っています。

仕事に追い詰められる感覚があって仕事がうまくいかないのは、何らかあなたとの相性があっていないことのサインです。

人付き合いでも、いくら仲良くしようと思ってもできない人が必ずいます。

その人に、「ねえ、私はこんなに頑張っているんだから仲良くなってよ!」と言えるわけもないですし、言う必要もありません。

相手に好かれようと自分を変に捻じ曲げる必要もないんです。

人間関係でも仕事でも、相性はとっても大事だと思います。

 

相性が合えば、うまくいっていなくてもモチベーションが思い切り下がるということはないと思うんです。

「うまくいかなかったけど、次はうまくいくように頑張ろう!」となるはず。

そこで「頑張ろう」と思えるかどうかは、何度も言うように仕事との相性だと思うんですよね。

(もちろん相性が合っていても気持ちが折れそうになることもあるので、全部とは言いませんが)

 

で、合っていない仕事、少なくともすでにやりがいを見出せずに心が疲弊してきている仕事に対して、自分の心を酷使し続けて合わせることに、果たしてどれだけの意味があるのでしょうか。

 

仕事を辞める?職場の周りのみんなに申し訳ないし、生活がもたないし、給料も下がるし・・・。

 

今の仕事に残ろうとする声はいくらでも自分の中から出てくると思います。

人間は基本的に変化を嫌う生物なので、それはある意味では当然の生理的反応です。

 

ただ、自分の心を消耗し続けることを選ぶのか、それとも変化を嫌う気持ちを少し脇に置いて環境を変えて自分の心を生かすことを選ぶのか。

私は圧倒的に後者の方が大切だと思います。

 

職場の周りの人に申し訳ない?

会社で周りに迷惑がかかるとはいえ、言っても数か月の話です。

「自分がいないと仕事が回らない」という事態は、会社ではそう起こるものではないのです。むしろ、誰かが1人抜けるだけで回らなくなる体制を組んでしまっている会社の方が問題なんです。あなたの問題では全くないんです。

 

生活がもたない?給料が下がる?

仮に転職をして給料が下がったとしても、心を酷使し続けて後々に心や体に大きな病気にかかったときの治療費を考えたら、どうってことないんです。

治療費だけならまだしも、それから心も体も使い物にならなくなってしまったら、その後の人生をどうしていくのか、いよいよ深刻な事態になってしまいます。

 

自分を逃がす勇気。ほんの少しでいいんです。大切なのはこれだけです。

逃げるんじゃない。積極的に、自分のためを思って自分を逃がしてやるんです。

「逃げるが勝ち」ではありませんが、立ち向かうよりも逃げた方が良い結果につながることは、人生の中でたくさんたくさんあるんです。

 

マジメな人ほど逃げることに罪悪感があると思います。私もまさにそうでした。

でも、命と天秤にかけて勝るような価値は、この世にはないんです。

 

自分を大切にできることは、一つの能力です。

今悩んでいる方がいたら、少し心の隅にとどめておいてください。